ホッフェンハイムのズューレは高いパス成功率と対人勝率を誇る - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ホッフェンハイムのズューレは高いパス成功率と対人勝率を誇る - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ズューレはベッケンバウアー二世?

ニクラス・ズューレとフランツ・ベッケンバウアーは似ているのだろうか。恐らく、この二人を比較するのは時期尚早だろう。しかし、ホッフェンハイム期待の若手DFとバイエルン・ミュンヘンとドイツ代表のレジェンドにはいくつかの類似点がある。今季終了後のバイエルン入りが決定している21歳のセンターバックについて紹介する。

バイエルンにはマッツ・フメルスとジェローム・ボアテングという「うまくボールを扱える」最高のセンターバックコンビがいる。ほかにもハビ・マルティネス、ヨシュア・キミッヒ、ダビド・アラバと中央で守備ができる選手は多彩。それにもかかわらず、カルロ・アンチェロッティ監督がズューレの獲得を望んだのだから、何か特別な理由があるのは間違いない。

それがはっきりと表れたのはホッフェンハイムがレーバークーゼンを1ー0で下した第25節の試合だった。ズューレは90分間で137本のパスを出し、そのうちの97%が成功。これはデータ集計が始まった2004年以降のブンデスリーガ記録である。さらにボールタッチ数はレーバークーゼンで最もタッチ数が多かった選手の2倍以上にあたる149回。後方から冷静にボールを運んでいく姿は誰かを想起させるものだった。

- © gettyimages / Simon Hofmann
- © imago