バイエルンでブンデスリーガデビューを飾った18歳のマイ(左) - © © gettyimages / ODD ANDERSEN
バイエルンでブンデスリーガデビューを飾った18歳のマイ(左) - © © gettyimages / ODD ANDERSEN
ブンデスリーガ

ミレニアム世代の18歳、マイが堂々のブンデスリーガデビュー

バイエルン・ミュンヘンのラースルーカス・マイ(18)が、第31節のハノーファー戦でブンデスリーガ初出場を飾った。“ミレニアム世代”のマイはジェローム・ボアテングとのコンビでセンターバックとしてプレー。バイエルンで2000年代生まれの選手がデビューするのは初めてのことだ。

3週間遅れの誕生日プレゼント

開始3分には相手にFKを与えてしまう場面もあったが、その後は堂々たるプレーを披露。ユップ・ハインケス監督も「ミスがあって当然だと思っていたが、それが一つもなかった」と合格点を与えた。アルトゥーロ・ビダル、ダビド・アラバの戦線離脱と、欧州チャンピオンズリーグ準決勝を見据えたターンオーバーによって巡ってきたチャンス。先月31日に18歳になったばかりのマイにとっては、3週間遅れの誕生日プレゼントとなった。

将来を嘱望されるDFは14歳でディナモ・ドレスデンのユースからバイエルンに移籍し、昨季はU-17のカテゴリーでドイツ王者に輝いた。今季開幕前にトップチームの練習参加を許され、テストマッチにも数試合出場。シーズン途中に指揮官が変わっても、積み上げてきたアピールが振り出しに戻ることはなかった。

ハインケス監督はウィンターブレーク中のドーハ合宿にマイを帯同させたほか、日頃のトレーニングに参加させて間近でその成長を見守ってきた。指揮官は190センチの長身を生かした空中戦の強さと高いビルトアップ能力を高く評価し、ついにトップチームのピッチに送り出した。

- © gettyimages / Oliver Hardt/Bongarts
- © imago