“スペースの開拓者”ミュラーが目前に迫ったドルトムント戦を語る - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
“スペースの開拓者”ミュラーが目前に迫ったドルトムント戦を語る - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ミュラー「すべての試合に勝つ」

ブンデスリーガ第11節の2日目、ドルトムント対バイエルン・ミュンヘンの“デア・クラシカー”が開催される。バイエルンのトーマス・ミュラーはドイツ代表戦の終了と同時に、この大一番にスイッチを切り替えている。当サイトではミュラーに独占インタビューを行い、ドルトムントとの一戦、自身の持つ特別な資質について語ってもらった。

——あなたはドルトムントをブンデスリーガのベストチームの一つに挙げ、優勝候補の一角と見ていますね。

ミュラー ドルトムントは素晴らしいクオリティーを備えた選手を数多く獲得した。今季もブンデスリーガのベストチームの一つであることに変わりはないよ。

——同じリーグ内に手強いライバルがいるのは刺激になりますか?

ミュラー ドルトムントが強いのはいいことさ。僕らに刺激を与えてくれるし、ドルトムントを倒すのがいっそう楽しみになるからね。ブンデスリーガにとってもドルトムントが強いほうがプラスだ。実際、昨季の彼らは激しい戦いを演じて新記録となる勝ち点を残して2位になった。ドルトムントでの試合はシーズンで最も素晴らしい一戦だよ。どこよりも勝つのが難しい場所だからね。チームにとって大きな挑戦だし、ファンにとっても手に汗握る楽しみな一戦だろう。

——カルロ・アンチェロッティ監督に代わって、まだチームが完成していないという見方もあります。

ミュラー 会社の人事異動と同じだよ。新しい監督を迎えれば、新しいアイデア、流れが生まれる。その中でお互いに力を合わせて、新しいものを作り上げていくんだ。どこの国のリーグ、どこのチームであろうと、それは一つの挑戦だ。僕らは非常に集中しているし、調子を上げてきていると確信している。この先、そのことが多くの可能性を与えてくれると思う。僕らはすべての試合に勝つことを目指しているチームだし、そうでなければバイエルンじゃない。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Alexander Scheuber