太ももを負傷しているボアテングはアジア遠征には帯同せずミュンヘンのクラブ施設で復帰に向けたプログラムを行うことになった - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
太ももを負傷しているボアテングはアジア遠征には帯同せずミュンヘンのクラブ施設で復帰に向けたプログラムを行うことになった - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ボアテング、ブンデスリーガ・ワールドツアーに帯同せず

バイエルン・ミュンヘンは7月14日、同16日から28日まで行われるブンデスリーガ・ワールドツアー(in 中国&シンガポール)に、現在太ももを負傷しているジェローム・ボアテングが帯同しないことを発表した。 ※ブンデスリーガ各クラブの夏季予定はこちら ※「ブンデスリーガ・ワールドツアー」の特設ページはこちら

バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督は同クラブ公式HPを通じ、「ミュンヘンのトレーニング場で復帰に向けたプログラムを行っていくことが、彼にとって良いと思う。そうすれば、8月頭にはトップコンディションを取り戻せるだろう」とコメントしている。

また、休暇中に右足ふくらはぎを痛めたアリエン・ロッベンも、このツアーには参加しないことがすでに決まっている。(詳細はこちら