Summary

  • CLグループステージ第4戦、セルティック対バイエルン
  • 前日会見にハインケス監督とキミッヒが出席

欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4戦、敵地でのセルティック(スコットランド)戦を翌日に控えた10月30日、バイエルン・ミュンヘンは公式会見を行い、ユップ・ハインケス監督とヨシュア・キミッヒが出席した。両者のコメントは以下のとおりとなっている。

【ユップ・ハインケス監督】

今日と明日の様子を見て、どの選手を起用するか決めるつもりです。ベストの選手がピッチに立つべきですから。とにかく試合に勝つことだけを目指しています。(ロベルト・レバンドフスキとトーマス・ミュラーの離脱については)もちろん予想していなかったシチュエーションです。しかし解決策は見つかるでしょう。アリエン・ロッベンとキングスレイ・コマンを最前線に置いた4ー4ー2、もしくは彼らをサイドに置いて1トップとトップ下を置くフォーメーションで戦う可能性もあります。きっとセルティックは、ミュンヘンでの試合よりも、良くなっているはずです。なぜならこのスタジアムは最高の雰囲気を演出してくれますからね。しかしバイエルンの選手は、そういった状況に慣れています。スコットランドでは“正直なサッカー”が行われていますし、この国でプレーする選手たちは非常に強い闘争心を持っていますね。

【ヨシュア・キミッヒ】

スタジアムの素晴らしい雰囲気を、心待ちにしています。でも観客が盛り上がりすぎるのは勘弁ですね。なぜならそれは、セルティックが勝っていることを意味しますから。明日の結果で、ベスト16入りを決めたいと思います。直近4試合すべてで勝利を飾っていますし、ハインケス監督就任の影響はもちろんあるでしょう。こんなにも早くブンデスリーガで首位に立てるとは、思っていませんでした。(ロッベンから学べることは)彼はいつもパーフェクトな準備をしています。彼とのコンビネーションも非常に機能していますし、彼の後ろでプレーするのは居心地がいいですね。いつも相手をひきつけて、私のためにスペースを作ってくれます。