第14節のハノーファー戦で圧倒的なパフォーマンスを見せたバイエルンのコマン - © imago / DeFodi
第14節のハノーファー戦で圧倒的なパフォーマンスを見せたバイエルンのコマン - © imago / DeFodi
ブンデスリーガ

チーム好調の陰にコマンの躍進あり

バイエルン・ミュンヘンのサポーターにとって、フランス人選手がサイドを駆け上がり、ワールドクラスのプレーで華麗に対戦相手をかわす光景は決して目新しいものではない。バイエルンの左サイドには過去10年以上にわたってフランク・リベリが君臨し、アリアンツ・アレーナのサポーターを沸かせてきた。そのリベリは第14節のハノーファー戦でケガから復帰し、クラブの外国籍選手最多出場記録を更新。しかし、この試合でより多くの喝采を浴びたのは、89分にリベリとの交代でベンチに下がったもう一人のフランス人選手、キングスレイ・コマンだった。

3ー1でリードした89分、コマンが交代でベンチに下がると、アリアンツ・アレーナにはスタンディングオベーションが巻き起こった。それにはリベリの復帰を祝う意味も含まれていたかもしれないが、ほとんどは素晴らしいパフォーマンスを見せたコマンへのの拍手だったに違いない。

試合終了後、ユップ・ハインケス監督はコマンに対して盛大な賛辞を送った。「素晴らしいパフォーマンスだった。バイエルンで成長している姿を見ることができてうれしい」。リベリも「素晴らしい仕事だったね」と祝福。自分のプレー時間を奪い、やがては自身の記録を更新するであろう13歳年下の後輩の活躍を喜んだ。

コマンはハノーファー戦で対峙するユリアン・コープを恐怖に陥れ、自ら決勝点となるゴールを記録。さらにはチーム3点目につながるPKを獲得してバイエルンを勝利に導いた。

- © imago / DeFodi
- © imago / Nordphoto