PKマスターのレバンドフスキ。キャリア通算の成功率は驚異の92%を誇る - © © imago
PKマスターのレバンドフスキ。キャリア通算の成功率は驚異の92%を誇る - © © imago
ブンデスリーガ

過去3年間で失敗はゼロ。レバンドフスキは「PKキング」

バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レバンドフスキが第6節のウォルフスブルク戦でPKによるゴールを決めた。ブンデスリーガのファンにとってはもはや見慣れた光景だが、驚くことにレバンドフスキは過去3年間にわたって一度もPKを失敗していない。キャリアを通してのPK成功率は驚異の92%。これはヨーロッパでプレーする選手の中でもトップクラスの数字と言える。

どんな場合でも、キッカーがペナルティースポットに歩み寄るとゴールネットを揺らすことが期待されるが、PKは決して簡単な作業ではない。代表チームが何度となくPK戦で涙を飲んできたイングランドのサポーターはそれをよく知っているはずだ。だからこそ、レバンドフスキのPK成功率は驚異的だ。2007年8月にポーランド2部のズニチュ・プルシュクフで初めてPKを蹴って以降、PKスポットに37回立ち、34回ゴールネットを揺らしてきた。

他のトップレベルの選手と比較するとどうだろうか。クリスティアーノ・ロナウドの成功率は84%、リオネル・メッシは78%である。もちろん、ロナウドとメッシがレバンドフスキよりも数多くのPKを蹴っていることが成功率に影響を与えている(ロナウドは115回中97回成功、メッシは98回中77回成功)ことは確かだが、92%という数字はやはり驚異的だ。

- © imago / Sven Simon
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA