Summary

  • バイエルンと日本サッカー協会が連携
  • 育成と指導者養成でサポート
  • ユースカテゴリーは強化試合、合同練習も

バイエルン・ミュンヘンは5月7日、日本サッカー協会(JFA)とパートナーシップを締結したことを発表した。調印式は4月28日にミュンヘンで行われ、バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲ社長とウリ・ヘーネス会長、ヨルク・バッカー取締役、JFAの田嶋幸三会長が出席。協定期間は調印日から3年で、バイエルンおよび日本におけるサッカー発展のために積極的に相互協力を行なっていく。

パートナーシップの一環として、バイエルンは日本に指導者を派遣し、研修会を実施する予定。また、日本人指導者はバイエルンでの研修に参加できる。さらにバイエルンの下部組織と日本代表のアンダーカテゴリーチームが互いの国に遠征し、親善試合やトレーニングキャンプを合同で行う。

バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲ社長は「アジアで最も大きな協会とこのようなパートナーシップを締結したことを発表できて誇りに思う。JFAとの協力は我々の日本での目標に向けた第一歩だ」とコメントしている。