バイエルンは三冠を達成した2013年の再現を狙う - © imago
バイエルンは三冠を達成した2013年の再現を狙う - © imago

バイエルンが準決勝に進む5つの理由

欧州チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16でマンチェスター・ユナイテッドは伏兵セビージャに敗れてトーナメントから姿を消した。しかし、バイエルン・ミュンヘンが同じ轍を踏むことはないだろう。このクラブにはそれを回避するだけの知性と選手層、そして歴史がある。バイエルンがセビージャを下して準決勝に進出するであろう5つの根拠を紹介する。

1)ブンデスリーガ優勝はほぼ確定。残るは2つ

前節での優勝決定こそお預けになったが、バイエルンのブンデスリーガ6連覇はほぼ確定している。今後はCLとドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)の2大会に集中することが可能だ。好調なチーム状態を維持するには早い段階での優勝決定は逆効果だという意見もあるが、百戦錬磨のバイエルンに限っては大きな問題とはならないはずだ。CL制覇を果たした2013年以降、バイエルンは3シーズン連続で準決勝敗退。さらに昨季は準々決勝でレアル・マドリードに敗れるという苦い経験をしてきた。ユップ・ハインケス監督率いる現在のチームは、欧州制覇という目標に向かって誰もが強い決意を持って戦っている。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © imago / Eibner
- © gettyimages / Alexander Hassenstein
- © imago