バイエルンはセビージャに先制を許したものの逆転に成功。敵地での第1戦を2ー1で制した - © © gettyimages / Adam Pretty
バイエルンはセビージャに先制を許したものの逆転に成功。敵地での第1戦を2ー1で制した - © © gettyimages / Adam Pretty

バイエルンが敵地で先勝、CL準決勝進出に向けて前進

欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグが4月3日に行われ、バイエルン・ミュンヘンは敵地でセビージャ(スペイン)と対戦し、2ー1で勝利した。 セビージャ 1ー2 バイエルン・ミュンヘン

立ち上がりの7分、相手のミスに乗じチャンスを迎えたのはバイエルンだった。セビージャのビルドアップを狙い、リベリが高い位置でインターセプトに成功すると、ドリブルでペナルティーエリアに進入。そのまま自ら狙うも、敵に当たりCKを獲得する。

しかし本拠地の観衆から大声援を受けるセビージャも、バイエルンと互角以上の戦いを披露する。20分、左からのクロスはフメルスにブロックされるも、こぼれ球がフリーで走り込むサラビアの足下へ。セビージャに先制点が生まれるかと思われたが、このビッグチャンスでサラビアのダイレクトシュートは枠の右へ外れてしまった。

- © gettyimages / JORGE GUERRERO
- © gettyimages / JORGE GUERRERO
- © gettyimages / Martin Rose
- © gettyimages / JORGE GUERRERO
- © gettyimages / CRISTINA QUICLER