バイエルンは前半のうちにズューレとトリッソの新顔たちがゴール。レーバークーゼンを3ー1で下した - © gettyimages / Sebastian Widmann
バイエルンは前半のうちにズューレとトリッソの新顔たちがゴール。レーバークーゼンを3ー1で下した - © gettyimages / Sebastian Widmann
ブンデスリーガ

バイエルンが盤石のスタート

2017/18シーズンのブンデスリーガ開幕戦が8月18日に行われ、バイエルン・ミュンヘンは本拠地でレーバークーゼンと対戦し、3ー1で勝利した。 バイエルン・ミュンヘン 3ー1 レーバークーゼン

55回目のオープニングゲーム、最初にチャンスを迎えたのはやはりバイエルンだった。キックオフのホイッスルが鳴り響いて5分後、左から低く素早いボールが入ると、ペナルティーエリア内のレバンドフスキがそらし、右からトリッソが強烈なシュート。しかしこれはGKレノがブロックした。

スコアが動いたのは9分、新加入ルディが蹴った左FKを、同じホッフェンハイムからの加入組ズューレが頭で合わせ、バイエルンが先制点を奪うことに成功した。

レーバークーゼンも12分、ベララビがルディとビダルをかわしスルーパスを送ると、ペナルティーエリア右からメーメディが右足を振り抜いた。しかしこのピンチはウルライヒが右足一本でブロックしている。

しかし流れはバイエルンが保ったまま。19分には、キミッヒの送った右CKがファーサイドに流れ、ビダルが中央へ折り返すと、トリッソが頭でゴール。またしても新顔が決め、バイエルンのリードは2点に広がった。

さらに23分、再びトリッソがゴール右から狙ったが、これはGKレノの股下を通り左ポストを直撃している。

- © gettyimages / Sebastian Widmann
- © gettyimages / Maja Hitij