Summary

  • 2017/18シーズン開幕戦、バイエルン対レーバークーゼン
  • ズューレとトリッソの新顔、エースFWレバンドフスキがゴール

2017/18シーズンのブンデスリーガ開幕戦が8月18日に行われ、バイエルン・ミュンヘンは本拠地でレーバークーゼンと対戦し、3ー1で勝利した。

バイエルン・ミュンヘン 3ー1 レーバークーゼン

55回目のオープニングゲーム、最初にチャンスを迎えたのはやはりバイエルンだった。キックオフのホイッスルが鳴り響いて5分後、左から低く素早いボールが入ると、ペナルティーエリア内のレバンドフスキがそらし、右からトリッソが強烈なシュート。しかしこれはGKレノがブロックした。

スコアが動いたのは9分、新加入ルディが蹴った左FKを、同じホッフェンハイムからの加入組ズューレが頭で合わせ、バイエルンが先制点を奪うことに成功した。

レーバークーゼンも12分、ベララビがルディとビダルをかわしスルーパスを送ると、ペナルティーエリア右からメーメディが右足を振り抜いた。しかしこのピンチはウルライヒが右足一本でブロックしている。

しかし流れはバイエルンが保ったまま。19分には、キミッヒの送った右CKがファーサイドに流れ、ビダルが中央へ折り返すと、トリッソが頭でゴール。またしても新顔が決め、バイエルンのリードは2点に広がった。

さらに23分、再びトリッソがゴール右から狙ったが、これはGKレノの股下を通り左ポストを直撃している。

© gettyimages / Sebastian Widmann

後半に入ると51分、レバンドフスキがペナルティーエリア内にて倒されたシーンで、今季から導入されたビデオ判定がブンデスリーガ史上初めて用いられた。ここで主審は、アランギスがレバンドフスキを引っ張って止めたと判断し、バイエルンにPKが与えられる。そして53分、レバンドフスキ自身がこれをきっちり決め、3ー0と試合を決定づけた。

56分、コアが前線に送った絶妙のスルーパスに、走り込んだブラントが右足を合わせる。しかしボールは枠の右へ流れてしまった。

そして65分には、左サイドのウェンデルから中央のブラントを経由し右サイドへ。最後はペナルティーエリア右に進入したメーメディが豪快なシュートを決め、レーバークーゼンが1点を返した。

しかし彼らの反撃もここまで。バイエルンが順当に勝利を飾り、前人未到の6連覇へ好スタートを切った。

© gettyimages / Maja Hitij

【得点】

バイエルン・ミュンヘン:ズューレ(9分)、トリッソ(19分)、レバンドフスキ(53分)
レーバークーゼン:メーメディ(65分)

【ラインナップ】

バイエルン・ミュンヘン(4ー3ー3)
ウルライヒ;キミッヒ、ズューレ、フメルス(62分 ラフィーニャ)、アラバ;トリッソ、ルディ、ビダル;ミュラー(61分 ロッベン)、レバンドフスキ、リベリ(77分 コマン)

レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
レノ;ヘンリクス、ター、ベンダー(46分 ドラゴビッチ)、ウェンデル;コア、アランギス(61分 カンプル);ベイリー(46分 ブラント)、ベララビ、メーメディ;フォラント