セルティックの激しいプレスに苦しんだバイエルンだったが2ー1で勝利。決勝トーナメント進出を決めている
セルティックの激しいプレスに苦しんだバイエルンだったが2ー1で勝利。決勝トーナメント進出を決めている

バイエルンがグループ2位以上を確定、決勝トーナメント進出決める

欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4戦が10月31日に行われ、バイエルン・ミュンヘンは敵地でセルティック(スコットランド)と対戦し、2ー1で勝利した。 セルティック 1ー2 バイエルン・ミュンヘン

ホームの大観衆に背中を押されるセルティックが、この試合最初のチャンスを掴む。5分、バイエルン最終ライン裏のスペースを突き、フォレストが右サイドを縦に突破。そこからのセンタリングにファーサイドのアームストロングがフリーで飛び込んだが、ここでまさかのシュートミスを犯し、枠を捉えきれない。

セルティックのシュートシーンはさらに続く。15分、バイエルン陣内に入ったところでデンベレがボールを受けると、そのまま縦にドリブルし、寄せてきたボアテングも外してペナルティーエリア左からシュート。しかしボールに力がなく、右ポストの外側にグラウンダーで流れてしまう。

ここまで劣勢のバイエルンだったが、一瞬の隙を突いて先制点に結びつけた。ラフィーニャからのバックパスをGKウルライヒがロングキック。これがセルティック最終ラインを越え、抜け出したコマンがGKもかわしてシュートを放つ。セルティック側は3人がカバーに入っていたが、ボールはその間をすり抜けネットに決まった。

しかし激しいプレッシングでバイエルンに主導権を握らせないセルティックは31分、中央のデンベレが左のアームストロングに展開。DFとGKの間を通す折り返しに再びデンベレが飛び込むも、手前でアラバにスライディングでブロックされ、シュートを打つまでには至らない。