レヴァンドフスキが2得点、リベリーが1得点を決め、バイエルンが3ー0でニュルンベルクに勝利した - © gettyimages / Alex Grimm
レヴァンドフスキが2得点、リベリーが1得点を決め、バイエルンが3ー0でニュルンベルクに勝利した - © gettyimages / Alex Grimm
ブンデスリーガ

バイエルン、10月下旬以来の公式戦3連勝

ブンデスリーガ第14節2日目が12月8日に行われ、久保裕也が所属するニュルンベルクは敵地でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、0ー3で敗れた。ベンチスタートの久保に出番はなかった。 バイエルン・ミュンヘン 3ー0 ニュルンベルク

序盤からボールを支配するバイエルンは開始9分、キミッヒの蹴った左CKをGKブレドロウの手前でレヴァンドフスキがヘディングシュート。これで難なく先制すると、続く27分にはゴレツカのシュートがクロスバーに弾かれ、跳ね返りを再びレヴァンドフスキが押し込み、リードを2点に広げた。

エンドが替わった56分には、ニャブリのシュートのこぼれ球をリベリーがゴール。このままバイエルンが逃げ切り、公式戦3連勝を飾った。

- © gettyimages / Alex Grimm