Summary

  • 2018/19シーズン、ブンデスリーガ開幕戦
  • バイエルンがホッフェンハイムに3ー1で勝利
  • ミュラー、レバンドフスキ、ロッベンが得点

2018/19シーズンのブンデスリーガ開幕戦が8月24日に行われ、バイエルン・ミュンヘンは本拠地でホッフェンハイムと対戦し、3ー1で勝利した。

バイエルン・ミュンヘン 3ー1 ホッフェンハイム

開始直後から互いに中盤で激しいプレッシングの応酬となり、両チームともになかなか決定機を作り出せない展開が続く。しかしそんな中、1本のセットプレーから先制点を掴み取ったのは、現在リーグ6連覇中のバイルンだった。23分、キミッヒの蹴った左CKがゴール前に入ると、巧みな動き出しで相手のマークを外したミュラーが、ヘディングでネットに押し込む。

これでバイエルンが試合のペースを掴んだものの、34分には一瞬の隙を突き、ホッフェンハイムが牙をむく。中盤でこぼれ球を拾ったビッテンクールトが左へ展開し、シュルツがダイレクトで折り返したところにジョエリントンが飛び込むも、ボールに合わせられず、同点に追いつくビッグチャンスを逃してしまう。

37分には再びバイエルンに決定機が訪れ、高速ドリブルでフォークトをかわしたコマンが至近距離からシュート。しかしこの1対1の場面は、バウマンの驚異的な反応で防がれ、追加点とはならなかった。

© gettyimages / Martin Rose/Bongarts

後半に入り54分、味方の縦パスを受けたロッベンが右からカットインする得意の形でアダムスを置き去りにし、やや距離のある位置から左足を振り抜く。しかしボールは左ポストをかすめるように外れてしまった。

すると57分、相手のミスに乗じアタッキングサードの混戦を抜け出したソロイが、ペナルティーエリア右から強烈なシュート。これがファーサイド側ネットに突き刺さり、ホッフェンハイムが試合を振り出しに戻す。

© imago

しかし78分、ノートファイトがペナルティーエリア内でリベリを倒してしまい、バイエルンにPKが与えられる。一度目はレバンドフスキのキックがバウマンに防がれ、ロッベンがこぼれ球を押し込んだものの、VARの結果、この得点は取り消しに。そして82分に再びレバンドフスキがキッカーを務め、今度はきっちりとゴール左に流しこみ、バイエルンが2ー1と勝ち越しに成功した。

さらに90分、キミッヒのスローインをミュラーがダイレクトでゴール前に送り、抜け出したロッベンがダメ押し弾。このままバイエルンが勝利し、史上初の7連覇に向けて好スタートを切った。

© gettyimages / Lars Baron/Bongarts

【得点】

バイエルン・ミュンヘン:ミュラー(23分)、レバンドフスキ(82分)、ロッベン(90分)
ホッフェンハイム:ソロイ(57分)

【ラインナップ】

バイエルン・ミュンヘン(4ー3ー3)
ノイアー;キミッヒ、ズューレ、ボアテング、アラバ;ミュラー、マルティネス(67分 ゴレツカ)、ティアゴ;コマン(45+4分 ロッベン)、レバンドフスキ、リベリ(83分 ハメス)

ホッフェンハイム(3ー5ー2)
バウマン;ビチャクチッチ、フォークト(74分 ノートファイト)、アダムス(67分 アポグマ);カデラベク、ビッテンクールト、グリリッチュ、グリフォ(46分 ツバー)、シュルツ;ジョエリントン、ソロイ