2シーズン連続で昇格チームを率いることになったハーゼンヒュットル監督 - © © gettyimages / Hofmann
2シーズン連続で昇格チームを率いることになったハーゼンヒュットル監督 - © © gettyimages / Hofmann
ブンデスリーガ

ラルフ・ハーゼンヒュットル監督独占インタビュー

クラブ史上初のブンデスリーガ昇格を果たしたライプツィヒホッフェンハイムとの開幕戦では2度のビハインドをはねのけて勝ち点1をもぎ取った。そのライプツィヒを率いるラルフ・ハーゼンヒュットル監督が独占インタビューに応じた。スポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏との仕事、サッカーに対する考え方、そして9月10日に迎えるドルトムントとのホーム初戦について語ってもらった。

――インゴルシュタットを率いた昨季に続き、今季も昇格チームの指揮官として新シーズンを迎えました。昨季と同じように感じていることはありますか?

ハーゼンヒュットル 試合の進め方などは似たようなところがありますね。そして、最初のホームゲームでドルトムントを迎えるというのもインゴルシュタットと同じです。しかし、0-4で敗れた昨季のような高い授業料を払うつもりはないですよ。

――これまでのキャリアで、シーズンの最初からチームを率いるのはライプツィヒが初めてになります。

ハーゼンヒュットル 成績不振で解任された前任者の後を受け、シーズン途中から監督に就任するというのは珍しいことではありません。最下位のチームを任されれば、まずは環境を落ち着かせるところから始まります。しかし、今回は前シーズンに大きな成功を収めたチームの監督を任されました。私の仕事はその成功をさらに進めていくことです。

――チームを好成績に導いたラルフ・ラングニック前監督は自ら後任探しに乗り出し、あなたに決めました。これは大きな信頼を意味する一方で、重荷にもなりませんか?

ハーゼンヒュットル 私はラングニックのことを、ドイツで最も優秀な監督の一人と見ています。ですから、そのような人から見込まれたことを非常に誇らしく感じています。彼のような監督の後を引き受けるのは決して簡単なことではありませんが、とても幸運なことに我々のサッカーの見方や解釈は非常に近いのです。初めて話をした時から、互いに共感できることが多く、彼との共同作業は最初から特別なものでした。そのことは、私がこのクラブに慣れていく上で大きな助けになりました。

- © gettyimages / Hofmann
- © gettyimages / Hofmann