酒井が所属するハンブルクはリーグ戦13試合目でようやく今季初の勝利を手に入れた - © gettyimages / Alex Grimm
酒井が所属するハンブルクはリーグ戦13試合目でようやく今季初の勝利を手に入れた - © gettyimages / Alex Grimm
ブンデスリーガ

酒井がダメ押し弾をアシスト、ハンブルク今季初白星飾る

12月4日、ブンデスリーガ第13節最終日が行われ、酒井高徳が所属するハンブルガーSVは敵地でダルムシュタットと対戦し、2ー0で勝利した。主将の酒井はボランチでフル出場し、チーム2点目をアシストしている。

ダルムシュタット 0ー2 ハンブルク

- © gettyimages / Alex Grimm

前半に比べ、後半はやや落ち着いた展開でスタート。しかしゴール前までボールが運ばれるシーンは少なく、試合は停滞感を見せる。

ハンブルクに追加点のにおいが漂ったのは68分、ボランチの酒井が左へ展開すると、コスティッチがDFのプレスを外してセンタリング。これが曲がりきらず、GKを越えてそのままゴールへ吸い込まれそうになるが、ボールは惜しくも枠を外れてしまった。

終盤に入るとダルムシュタットが攻撃に比重を置き、80分にはユングのクリアボールが不十分だったところにスルがミドルシュート、その3分後にはブランチッチが遠めの位置から強烈なシュートを放ったが、いずれも枠を捉えることはできなかった。

すると終了間際の90分、敵陣で酒井がドリブルを開始。DFのプレッシングをかわし、右から中央へ流れると、左に開くオスチョレクへ預ける。そしてGKと1対1になったオスチョレクが冷静にゴールを決め、ハンブルクが2ー0と試合を決定づけた。

- © imago / Jan Huebner

【得点】

これでハンブルクは今シーズン13試合目でようやく初の白星を獲得。3戦連続無敗を守り、6試合ぶりに最下位を脱出している。

ダルムシュタット:なし
ハンブルク:グレゴリッチ(30分)、オスチョレク(90分)

【ラインナップ】

ダルムシュタット(4ー2ー3ー1)
エッサー;ユングビルト、ミロシェビッチ、スル、グワラ;ニーマイヤー(81分 シュトローエンゲル)、ブランチッチ;シリグ、クラインハイスラー(74分 ローゼンタール)、ヘラー;コーラク(61分 ベジャク)

ハンブルク(4ー2ー3ー1)
マテニア;ディークマイヤー、ジュルー、ユング、サントス;酒井、オスチョレク;ミュラー(89分 ハント)、ホルトビー、コスティッチ(84分 エクダル);グレゴリッチ(73分 ウッド)