Summary

・ブンデスリーガ第23節ハンブルク対ヘルタ

・エクダルの得点を守り抜いたハンブルクが完封勝利

・ベンチスタートの酒井は後半途中にピッチへ、原口は右MFで84分まで出場

3月5日、ブンデスリーガ第23節最終日が開催され、酒井高徳が所属するハンブルガーSVは本拠地で原口元気のヘルタ・ベルリンと対戦し、1ー0で勝利した。ベンチスタートの酒井は73分にピッチへ登場し、右MFで先発の原口は84分までプレーしている。

ハンブルク 1ー0 ヘルタ

両チームとも序盤から攻撃的な姿勢を打ち出し、縦に速い展開の試合となる。

まずは4分、ヘルタのダリダがペナルティーエリア外から右足を振り抜くミドルシュートを放ったが、これは左ポストの外側へ流れてしまった。

ハンブルクも15分、スルーパスからウッドが右サイドを突破。ペナルティーエリア右に進入し、マイナス方向へ送ったグラウンダーセンタリングをハントが受ける。寄せてきたプラッテンハートにハントは倒されるも、ブリーヒ主審のホイッスルは鳴らなかった。

ホームのハンブルクはさらに19分、左からハントがダイアゴナルの浮き球をミュラーに通し、フリーでペナルティーエリア内へ。GKと1対1の場面を迎えたものの、胸トラップからのシュートは、ヤルステインが右腕1本でセーブしている。

© gettyimages / Martin Rose

61分、ハンブルクは高い位置でウッドがボールを受け、ヘルタ守備陣をドリブルでかわし、バイタルエリアに進入する。そして最終ラインの裏へグラウンダーのスルーパスを送ったが、ミュラーとの呼吸が合わず、シュートチャンスを迎えることはできなかった。

ヘルタも62分、右の原口が中央ペナルティーエリア外のカルーに横パス。カルーはフェイントでDFをかわし、正面からゴールを狙ったが、体勢を崩してしまい、ボールはGKがあっさりとキャッチしている。

ヘルタのチャンスは続き、70分にはドゥダが右へ大きく展開。イビセビッチがペナルティーエリア右での1対1を縦に突破し、グラウンダーセンタリング。しかし味方が飛び込むことはできず、シュートまで持ち込むことはできなかった。

そしてスコアが動いたのは77分、ハントがペナルティーエリア右にパスを送り、ウッドがキープ。後方のハントに再び戻し、ダイレクトで中に送られたボールをエクダルが右足で決め、ハンブルクが先制点を奪うことに成功する。

このまま試合は終了し、ハンブルクが完封勝利を飾った。

【得点】

ハンブルク:エクダル(77分)
ヘルタ:なし

【ラインナップ】

ハンブルク(4ー2ー3ー1)
アードラー;ディークマイヤー、パパドプロス、ユング、オスチョレク;エクダル、ワラシ(73分 酒井);ミュラー、ホルトビー(58分 コスティッチ)、ハント(89分 グレゴリッチ);ウッド

ヘルタ・ベルリン(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ペカリク、ラングカンプ、ブルックス、プラッテンハート;シュターク(52分 ドゥダ)、シェルブレット;原口(84分 エスワイン)、ダリダ、カルー;イビシェビッチ