2017/18シーズンの「ルーキー・アワード・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされた8人 - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
2017/18シーズンの「ルーキー・アワード・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされた8人 - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

「ルーキー・アワード・オブ・ザ・イヤー」投票スタート!

スイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤー協賛のもと、当サイトでは毎月「ルーキー・アワード」を行い、ユーザー投票によりベスト・ルーキーを選出してきた。その締めくくりとして、今季同賞に輝いた計8人がノミネートされている「ルーキー・アワード・オブ・ザ・イヤー」の投票が、この度スタートした。

【4月:伊藤達哉(ハンブルガーSV)】

投票はこちら(英語はこちら)から可能となっており、ページ下部の8人から1人を選出。「Ich bin kein Roboter(I'm not a robot)※私はロボットではありません」にチェックを入れ、「Jetzt abstimmen(Vote)」をクリックすれば完了となっている。

4月度のベスト・ルーキーに選ばれた伊藤達哉をはじめ、8人の候補者説明は以下の通り。

ブンデスリーガ残留を願うファンにとって、伊藤の存在が希望の拠り所だったことは想像に難くない。今季ブンデスリーガで最も小柄な同選手はドリブル突破を信条とし、屈強な肉体を持つドイツのDFを幾度となく翻弄してきた。ハンブルク所属選手では16番目となる出場時間(1013分)だったにもかかわらず、ドリブルで相手を抜いた回数は44回でチームトップ。また36分に1度の割合でファウルを受けた計算になるが、これも同クラブ攻撃的プレーヤーの中では最多となっており、ボールを持った時の伊藤が敵にとってどれだけ脅威だったか分かるだろう。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA