今季途中からトップチームに昇格した伊藤がハンブルクと2021年まで契約 - © © gettyimages / Christof Koepsel
今季途中からトップチームに昇格した伊藤がハンブルクと2021年まで契約 - © © gettyimages / Christof Koepsel
ブンデスリーガ

伊藤がハンブルクとプロ契約

ハンブルガーSVは12月14日、伊藤達哉(20)とプロ契約を結んだことを発表した。契約は2021年夏まで。

柏レイソルのユース出身の伊藤は2015年にハンブルクの下部組織に加入。今季は同U-21としてレギオナルリーガ(4部相当)に出場していたが、第5節のドルトムント戦で初めてトップチームのベンチ入りを果たすと、第6節のレーバークーゼン戦(9月24日)で81分からブンデスリーガデビューを飾った。第7節のブレーメンとの北部ダービーでは先発入りし、ここまで9試合に出場していてる。