2部でのハンブルク・ダービーは史上初。互いにゴールを決められずスコアレスドローで終戦となった - © © gettyimages / Oliver Hardt
2部でのハンブルク・ダービーは史上初。互いにゴールを決められずスコアレスドローで終戦となった - © © gettyimages / Oliver Hardt
ブンデスリーガ2部

ハンブルク・ダービーはスコアレスドロー

ブンデスリーガ2部第8節3日目が9月30日に行われ、酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは、宮市亮のザンクト・パウリと本拠地で対戦し、0ー0で引き分けた。酒井はフル出場、伊藤は53分から出場、宮市はベンチ入りも出番なしだった。 ハンブルガーSV 0ー0 ザンクト・パウリ

敵地に乗り込んだザンクト・パウリがハンブルクより4本多いシュート11本を放ちつつも、互いに得点を奪えずスコアレスドローで終了した。

- © gettyimages / Martin Rose