タイムアップの笛とともに喜びを爆発されるハンブルクの選手たち。クラブの伝統が守られた瞬間だった - © © gettyimages / Hitij / Bongarts
タイムアップの笛とともに喜びを爆発されるハンブルクの選手たち。クラブの伝統が守られた瞬間だった - © © gettyimages / Hitij / Bongarts
ブンデスリーガ

ハンブルクの時計は止まらず。今季もクラブの伝統を守り抜く

ハンブルガーSVはブンデスリーガが創設された1963/64シーズン以来、一度も2部に落ちることなくトップリーグに在籍し続ける唯一のクラブである。54シーズン目を迎えた今季も土壇場で残留を勝ち取り、クラブの伝統を守り抜いた。その長い年月を示すフォルクスパーク・シュタディオンのスタンドの時計は、今季も止まることなく来季に向けてまた新たに時を刻み始めた。

ワルトシュミットが110秒で大仕事

プレーオフ回避のためには勝つしかないという状況で迎えた最終節、ハンブルクは勝ち点2差で15位につけるウォルフスブルクとの直接対決を制し、逆転で残留を決めた。1ー1で迎えた88分、途中出場のルカ・ワルトシュミットのヘディングシュートがゴールに吸い込まれると、5万7000人の観衆で超満員となったスタジアムは特大の歓喜に包まれた。

試合終了の笛が鳴り、抱き合って喜ぶハンブルクの選手たち。その歓喜の輪の中心にいたのが一躍ヒーローになったワルトシュミットだ。86分にピッチに送り出されると、わずか110秒後に値千金の決勝点をマーク。「残留を決めるゴールが決められるなんて言葉にならない! 初ゴールをずっと夢見てきた。とにかくすごいよ」。自身のブンデスリーガ初ゴールが名門クラブの伝統を守ったことに、本人も興奮を抑え切れない様子だった。

実は試合前、GKクリスティアン・マテニアは、ワルトシュミットが決定的なゴールを決めると予言していたという。それまでリーグ戦の出場は14試合でプレー時間はわずか348分。決して出場機会に恵まれていたとは言えないが、前日に21歳になったばかりのストライカーは周囲に期待を抱かせる何かを持っていたのだろう。

「このゴールは決して諦めなかったことに対するご褒美だと思う。どうやってボールを押し込んだのか思い出せないけど、もともとヘディングは強いんだよ」。腐らずに努力を続けた21歳はどこか誇らしげだった。そんなワルトシュミットに対し、イェンス・トッドSDは「ルカは難しい時期を過ごしてきた。このゴールは彼の今後に大きな力を与えてくれるはず」と目を細めた。

- © imago / Hübner
- © gettyimages / Maja Hitij