Summary

  • 酒井と伊藤のハンブルク、ギスドル監督を解任
  • ブンデスリーガで唯一降格したことのない名門クラブは今季も残留争い中
  • 最下位ケルンに敗れ、同クラブとの勝ち点差は3に

酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは1月21日、マークス・ギスドル監督を解任したことを発表した。新監督はまだ明らかにされていないが、22日(月)15時からのチーム練習には合流するとのこと。

ハンブルクは前日のブンデスリーガ第19節、本拠地で最下位ケルン0ー2で敗れ、4連敗を喫した。今季は開幕から2連勝と好スタートを切ったものの、現在まで4勝3分12敗で降格圏の17位に沈んでいる。また、ケルンに敗れたことで同クラブとの勝ち点差はわずか3に縮まった。

ハンブルクのヘリベアト・ブルッフハーゲン代表取締役は「監督の早期解任は望ましいことではないが、我々は残留という目標を成し遂げるために、新たな刺激が必要不可欠だと思っている」と解任の理由を明かしている。

ギスドル氏は2016年9月にハンブルクの監督に就任。同年11月にはシーズン途中にも関わらず、チームのキャプテン交代し、酒井を新キャプテンに任命した。また、同監督の下で昨年9月、20歳の伊藤がブンデスリーガデビューを果たした。