Summary

  • ブンデスリーガ第17節初日、ボルシアMG対ハンブルク
  • ハンブルクが1ー3で黒星。今季前半戦を16位以下で終えることが決定
  • 酒井はフル出場、伊藤はベンチ入りも出番なし

ブンデスリーガ第17節初日が12月15日に行われ、酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは、敵地でメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)と対戦し、1ー3で敗れた。酒井はフル出場、ベンチスタートの伊藤に出場機会はなかった。

メンヘングラートバッハ 3ー1 ハンブルガーSV

直近3試合で白星から見放されているチーム同士の対戦は、開始からホームのボルシアMGが主導権を握る。まずは3分、右CKのキッカーを務めたアザールが、マイナス方向にグラウンダーパス。マークをかいくぐりフリーとなったシュティンドルが右足を合わせようとするが、ここで痛恨の空振りをしてしまう。

続く6分にも、同じくセットプレーからボルシアMGに決定機が訪れる。右のアザールがファーサイドへボールを送り、オックスフォードが胸トラップから強烈なシュートを放つも、これはクロスバーを直撃した。

© imago

すると9分、バイタルエリアやや右でキープしたラファエルがスルーパス。ペナルティーエリア右へ走り込んだアザールがGKの位置を冷静に見極めてネットを揺らし、勢いそのままにボルシアMGが先制点を奪う。

しかし先に点を奪われ目が覚めたのか、ここからハンブルクが相手のミスに乗じ、前への姿勢を強めていく。18分、左サイド高い位置で獲得したFKに、ファーサイドのマブライがヘディングシュートを放つが、カバーに入っていたシュティンドルにゴールライン上でブロックされる。

その3分後には、素早く前線にボールを運び、コスティッチが左から低いセンタリングを放り込むと、ペナルティースポット付近のハーンがシュート。DFのスライディングブロックに遭い獲得した右CKから、ニアサイドのマブライがバックヘッドでゴール前に流したものの、味方には合わず、ボルシアMG守備陣にクリアされてしまう。

© imago / Eibner

序盤に比べパスがつながらなくなっていたボルシアMGだが、38分に一瞬の隙を突いて観衆を沸かせる。バイタリエリア右で横パスを受けたクーサンスは、誰もプレスに来ないと見るや、中に持ち替えて左足ミドルシュート。これが鋭い弾道でファーサイド方向へ向かって行くも、ボールは左ポストに直撃する。

後半最初に決定的なシュートシーンを作り出したのは52分のボルシアMG。ハンブルク最終ラインの裏めがけてラファエルがスルーパスを送ると、ハーフウェーライン手前から抜け出したアザールがペナルティーエリア右に進入し、GKと1対1の場面を迎える。しかしシュートはマテニアに防がれ、CKを獲得するにとどまった。

するとその1分後、大ピンチをしのいだばかりのハンブルクは、ドリブルで前線にボールを運んだハントがスルーパスを送り、ハーンがペナルティーエリア左へ。ここから放ったシュートがゾマーの股下を通ってネットに決まり、ついにハンブルクが同点に追いつく。

© gettyimages / Dean Mouhtaropoulos

しかし、ボルシアMGもこれで終わるはずがなかった。74分、シュティンドルからボールを受けたグリフォが前線にパスを送ると、左からラファエルがゴールに突き刺し、再び勝ち越し点。さらにその5分後、シュティンドルからのパスでアザールがペナルティーエリア右に抜けると、飛び出してきたGKもかわし、中央へ折り返す。そして最後はラファエルが無人のゴールに右足で流し込み、リードを2点に広げた。

試合はこのまま3―1で終了し、ボルシアMGが4試合ぶりに勝利。一方のハンブルクは勝ち点を獲得できず、16日の試合でブレーメンが武藤嘉紀のマインツに勝つか引き分ければ、自動降格圏の17位でシーズン前半戦を終えることになる。


【得点】

メンヘングラートバッハ:アザール(9分)、ラファエル(74分、79分)
ハンブルガーSV:ハーン(53分)

【ラインナップ】

メンヘングラートバッハ(4ー4ー2)
ゾマー;エルベディ(54分 ヤンチュケ)、ギンター、ベスターガード、ウェント;ヘアマン(70分 グリフォ)、オックスフォード(89分 ベンガー)、クーサンス、アザール;シュティンドル、ラファエル

ハンブルガーSV(3ー4ー2ー1)
マテニア;マブライ、パパドプロス、ファンドロンヘレン(80分 アープ);酒井、ユング、エクダル(84分 ヤニチッチ)、ドゥグラス・サントス;ハント(83分 ワルトシュミット)、コスティッチ;ハーン