インタビューで自身のパフォーマンスやミュンヘンについて語ったハメス - © © gettyimages / Lukas Schulze
インタビューで自身のパフォーマンスやミュンヘンについて語ったハメス - © © gettyimages / Lukas Schulze
ブンデスリーガ

新天地で奮闘するハメス・ロドリゲス「バイエルンは10点満点の10点!」

この夏にバイエルン・ミュンヘンに電撃加入したハメス・ロドリゲスは、ケガで出遅れたもののここまでリーグ戦で2ゴール5アシストを記録している。新天地に降り立って5カ月が経とうとしているコロンビア代表のスターに、自身のパフォーマンスやミュンヘンでの生活について話を聞いた。

――第13節のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦後、ユップ・ハインケス監督は「ハメスは記憶が飛んでいた」と話していました。どのような状態だったのでしょうか?(※ハメスはボルシアMG戦の前半途中に頭部を強打。ハーフタイムに途中交代していた)

ハメス 幸い深刻なケガではなかったし、今はもう大丈夫だ。でもハーフタイムに入った時、周囲にスコアを尋ねたというのは本当だよ。「0ー2でリードされている」と言うから、「えっ? どうしてそんなことに?」と思ってもう一度同じことを聞き返したんだ。そしたら、やっぱり「負けている」というから冗談かと思ったよ。それから医者に診てもらって少しずつ状態が良くなっていった。もうすっかり元気になったよ。

――チームについて聞きます。ミュンヘンに到着した時、最も印象に残ったのはどんなことでしたか?

ハメス バイエルンはレアル・マドリードと同じように、タイトルを争うことに慣れたビッグクラブだ。だから想像していたとおりだったし、驚くようなことはなかったよ。クラブスタッフのプロフェッショナルな仕事ぶりもトップクラブなら同じ。バイエルンは10点満点中10点だね。

――今やあなたは世界的なトップスターとなりましたが、サッカー選手になると決めたのはいつ頃でしたか? また、ここまでの道のりは思いどおりのものでしたか?

ハメス 僕の父親もサッカー選手だったからね。言ってみればDNAにサッカーが組み込まれているんだ。サッカーを始めたのは4歳の時で、朝の8時から夜の7時までずっとボールを蹴っていた。サッカーは僕の人生そのものだし、ずっとサッカー選手になりたいと思っていた。スター選手になることを夢見て、今は世界中の多くの人が僕のことを知ってくれている。ビッグクラブでプレーし、夢を叶えられたことに本当に感謝しているよ。

- © gettyimages / Boris Streubel
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © imago