ハノーファーに所属する原口元気が11月25日、第12節ボルシアMG戦に途中出場し、ブンデスリーガ100試合目の出場を果たした。同記録を達成した日本人選手はこれまでに10人を数え、原口は11人目に名を連ねることになった。

2014/15シーズン夏に浦和レッズからヘルタ・ベルリンへ移籍した原口は、2017年末までに91試合に出場した。その後、出場機会を求めて2018年1月、当時ブンデスリーガ2部だったフォルトゥナ・デュッセルドルフに期限付きで加入し、同クラブのブンデスリーガ昇格に貢献した。

アンドレ・ブライテンライター監督率いるハノーファーにプレーの場を移した今シーズンは、第11節終了時で8試合に出場し、1アシストを記録している。

先日行われたインタビューで原口は「自分にプレッシャーを掛けるために10番を選びました」。数字に強くこだわる原口の活躍に今後も期待したい。

※原口元気インタビュー「まだまだ成長したい」

© gettyimages / Oliver Hardt

ブンデスリーガ日本人選手の出場ランキング

(2018年11月24日現在)

1位 長谷部誠 269試合(7ゴール)

2位 奥寺康彦 234試合(26ゴール)

3位 酒井高徳 170試合(2ゴール)

4位 香川真司 148試合(41ゴール)

5位 高原直泰 135試合(25ゴール)

6位 岡崎慎司 128試合(37ゴール)

7位 清武弘嗣 117試合(17ゴール)

8位 大迫勇也 117試合(17ゴール)

9位 内田篤人 104試合(1ゴール)

10位 細貝萌 102試合(3ゴール)

※「動画:長谷部、ブンデスリーガ10年間のベストシーンTOP5」はこちら