シュトゥットガルトのコルクト新監督はチェルンドロ氏をコーチとして招へいすることを決定した - © imago / Joachim Sielski
シュトゥットガルトのコルクト新監督はチェルンドロ氏をコーチとして招へいすることを決定した - © imago / Joachim Sielski
ブンデスリーガ

ハノーファーのレジェンド、チェルンドロ氏がシュトゥットガルトへ

浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトは1月30日、タイフン・コルクト新監督率いる指導者陣にスティーブン・チェルンドロ氏とイリヤ・アラチッチ氏をコーチとして招へいすることを発表した。

1999年から現役引退までの15年間をハノーファーで過ごしたチェルンドロ氏は、2013/14シーズン途中から同クラブ指揮官に就任したコルクト監督を、コーチとして支えた過去を持っている。またアラチッチ氏は現役引退後の2004年7月、アウクスブルク下部組織で指導者としてのキャリアをスタートし、2012年1月から2015年6月まではU19シュトゥットガルトを指揮。直近では2016年9月からレギオナルリーガ(4部)に所属するFVイラーティッセンの監督を務めていた。


「ブンデスリーガ・レジェンド」のチェンドロ氏の経歴はこちらから