昨季ブンデスリーガ残留を達成したハノーファーに原口と浅野が今季加わる - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Stuart Franklin
昨季ブンデスリーガ残留を達成したハノーファーに原口と浅野が今季加わる - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Stuart Franklin
ブンデスリーガ

ハノーファーのファンが2018/19シーズンを心待ちにする理由

現場責任者のタッグは変わらず、攻撃陣に2人の日本代表を加えたハノーファー。同クラブのファンが2018/19シーズンを心待ちにする理由とは?

1)現場責任者のタッグは変わらず

1シーズンでのブンデスリーガ復帰が危ぶまれていた2017年3月上旬、ハノーファーはスポーツディレクターをマーティン・バーダー氏からホースト・ヘルト氏へと変更し、その2週間後にはダニエル・シュテンデル監督を更迭。新たにアンドレ・ブライテンライター監督を招き入れた。2015/16シーズンにシャルケでも組まれたヘルトSDとブライテンライター監督のタッグはハノーファーを上昇気流に乗せ、一昨季のブンデスリーガ昇格、そして昨季の同リーグ残留を達成している。なお今夏、ヘルトSDはウォルフスブルクへの移籍も噂されたが、マーティン・キント会長をはじめとする幹部がこれを阻止。今季も“成功のデュオ”は継続されることになった。

- © gettyimages / Carl Court
- © gettyimages / Adam Nurkiewicz