Summary

  • ブンデスリーガ第32節初日、ホッフェンハイム対ハノーファー
  • クラマリッチがチーム全得点をマーク
  • ホッフェンハイムが暫定4位に浮上

ブンデスリーガ第32節初日が4月27日に行われ、ホッフェンハイムは本拠地でハノーファーと対戦し、3ー1で勝利した。

ホッフェンハイム 3ー1 ハノーファー

試合が動いたのは16分、サネがGKチャウナーへバックパスを試みるも、足を滑らせてしまったためボールに勢いがなく、飛び出してきたチャウナーの手前でニャブリがインターセプト。そこからのパスを受けたクラマリッチが無人のゴールに流し込み、ホームのホッフェンハイムが先制した。

しかしこのシーンで、アシストと引き換えにニャブリが負傷。前節までの7試合で7得点と絶好調だった同選手は、直後の20分にツバーと交代でベンチに下がった。

すると24分、コープの縦パスをシュベークラーが受け、ペナルティーエリア右からグラウンダーセンタリング。最後はゴール前のカラマンがきっちりと合わせ、ハノーファーが同点に追いつく。

© imago / Thomas Frey

エンドが替わった後半立ち上がりの50分、デミルバイが左CKをゴール前に送ると、ハノーファー守備陣のマークをかわしたクラマリッチが豪快なボレーを決め、ホッフェンハイムが再びリードを奪った。

そして終了間際の86分にも、クラマリッチがダメ押しとなる3点目をマーク。勝利を飾ったホッフェンハイムが暫定4位に浮上し、2シーズン連続での欧州カップ戦出場に向け、さらに歩みを進めている。

© imago / Thomas Frey

【得点】

ホッフェンハイム:クラマリッチ(16分、50分、86分)
ハノーファー:カラマン(24分)

【ラインナップ】

ホッフェンハイム(3ー5ー2)
バウマン;アポグマ、フォークト、ノートファイト;カデラベク、アミリ、デミルバイ(69分 ビチャクチッチ)、ニャブリ(20分 ツバー)、シュルツ;ウト(63分 ソロイ)、クラマリッチ

ハノーファー(3ー4ー3)
チャウナー;ヒューバース、サネ、エレス(67分 フォッスム);ゾーク、バカローツ(80分 ハーニク)、シュベークラー、アルボルノス;コープ(55分 ベブー)、フュルクルーク、カラマン