ハノーファーは浅野に続きウィマーも期限付きで獲得した
ハノーファーは浅野に続きウィマーも期限付きで獲得した
ブンデスリーガ

ハノーファーが期限付きでウィマー獲得

浅野拓磨の加入が決まったハノーファーは5月27日、ストーク・シティー(イングランド)からケビン・ウィマーを1年間の期限付きで獲得したことを発表した。

ハノーファー公式HPを通じアンドレ・ブライテンライター監督は「サッカーの実力はもちろんのこと、イングランドで話し合いをした時に彼の高い人間性にも納得しました。我々のサッカーに強い関心を持ってくれましたし、このクラブで責任ある役割を担ってくれるでしょう。きっと、かつてのパフォーマンスを取り戻してくれるはずです」とコメント。またウィマーも「ホースト・ヘルトSDとブライテンライター監督は、ハノーファーがこの先どのようなプランを持っているか、そしてその中で私がどのような役割を任せられるのかなど、明確に話してくれました。それを聞き、どうしてもハノーファーでプレーしたいという思いが強くなったのです。今こうして契約がまとまり、非常にうれしく思っています」と話した。

ウィマーは19歳だった2012年に祖国を離れ、当時ブンデスリーガ2部だったケルンへ移籍。2015年夏からはイングランドでプレーしていた。