Summary

  • モロッコ代表DFアクラフ・ハキミがドルトムントに加入
  • レアル・マドリードから2年間の期限付き移籍
  • 飛躍が期待される19歳を5つのキーワードで紹介

ドルトムントがモロッコ代表DFアクラフ・ハキミを2年間の期限付きでレアル・マドリード(スペイン)から獲得した。レアルでの将来的なレギュラー獲得を目指し、ドイツで実戦経験を積むことを選んだ19歳のサイドバックについて紹介する。

レアルで英才教育を受けた有望タレント

8歳でレアル・マドリードの下部組織に入団し、世界一のクラブで着実に成長。18歳でリザーブチームの一員となった。2017年にはダニエル・カルバハルのバックアッパーとしてトップチームへスピード出世。その時のことを本人は「レアルのようなビッグクラブでプレーするのが夢だった」と語っている。同年10月のエスパニョール戦でリーグデビューを飾ると、シーズン終了までに2ゴールをマーク。先輩のカルバハルは「学習意欲が旺盛で大きな才能を持った選手」と称えている。

スペイン生まれのモロッコ代表

生まれはマドリード近郊のヘタフェだが、代表チームは両親の母国であるモロッコを選択。スペイン代表からも誘いがあったが、「子どもの頃からモロッコ代表としてプレーしたいと思っていた。国を代表して戦うことを誇りに思う」と語るハキミにとって、モロッコ代表でのプレーは自然な選択だった。

クラブと代表で国際舞台を経験

この秋にようやく20歳になる若手ながら、すでに数多くの国際舞台を踏んでいる。昨季は欧州チャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦で先発に抜擢され、持ち前の攻撃力で目の肥えたサポーターを納得させるパフォーマンスを披露した。2016年11月にデビューを飾った代表では、すぐに主力に定着して母国のロシア・ワールドカップ出場に貢献。本大会ではグループリーグの全3試合にフル出場を果たした。

© gettyimages / Alex Caparros

左右をこなすユーティリティー性

クラブでは右サイドバックとしてプレーしていたが、ロシアW杯では左サイドバックを担い、左右を器用にこなすユーティリティー性を見せつけた。レアルのジネディーヌ・ジダン前監督は、さらなる成長のために「1シーズンで20試合から25試合に出場しなければならない」と説いていたが、ドルトムントではよりコンスタントに試合に出場する環境が得られるだろう。

憧れのカルバハルに続け!

ハキミにとって“将来のライバル”となるカルバハルは、2012/13シーズンにレーバークーゼンに移籍してリーグ戦32試合に出場。ドイツで守備対応力に磨きをかけた結果、わずか1年でレアルから“お迎え”がきた。同じレアルの下部組織出身で、ブンデスリーガを経由してレアルの主力に上り詰めた先輩と同様、ドイツから始まるサクセスストーリーを描けるか。