Summary

  • 2013年に指導者業から引退も古巣を救うべく今季途中に電撃復帰
  • ハインケス監督がこれまでに味わった歓喜の瞬間をランキング形式で紹介
  • 動画の音声は英語、下記本文に日本語での説明文

【5位:自身初のタイトル】

ハインケス監督が初めてブンデスリーガのタイトルを手に入れたのは、現役時代の1970/71シーズン。ヘネス・バイスバイラー監督の下、バイエルン・ミュンヘンと優勝争いを演じていたメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は、土壇場の第33節でバイエルンに首位の座を明け渡してしまう。しかし最終節でボルシアMGがアイントラハト・フランクフルトに4ー1で勝利した一方、バイエルンはデュイスブルクに0ー2で敗れ、ボルシアMGが逆転での優勝。ハインケス監督も第31節から最終節までの4試合で計6ゴールを決めるなど、タイトル獲得に大きく貢献した。

【4位:リーグ史上最多得点差での勝利】

ハインケス監督が現役時代を過ごしたボルシアMGは、ブンデスリーガ上位の常連。1977/78シーズンも宿敵ケルンと首位争いを繰り広げながら迎えた最終節、ボルシアMGはケルンと勝ち点で並びつつも、得失点差は10離されていた。奇跡を信じてドルトムント戦に臨んだボルシアMGは、なんとこの試合でハインケス監督の5ゴールを含む12ー0というリーグ史上最多得点差で勝利。残念ながらケルンもザンクト・パウリに5ー0で勝利したため、ボルシアMGの大逆転優勝はならなかったが、この12点差という記録は今もなお破られていない。

【3位:“故郷”での引退】

2012/13シーズン限りでの指導者業引退を表明していたハインケス監督。同シーズン、ブンデスリーガ最終節の相手は、奇しくも自身が現役の大半を過ごしたボルシアMGだった。かつてのホームで最後の試合を過ごした後、同監督は「もちろん非常に感動的な瞬間でした。ここで選手としてのキャリアを始め、そして監督のキャリアもここで始まりました。ボルシアMGのファンには本当に感謝しています。彼らは、ここが私の“故郷”であるということを表してくれました」と語り、涙をこらえることができなかった。

【2位:電撃復帰】

カルロ・アンチェロッティ監督2年目となった2017/18シーズンのバイエルンは、開幕から第6節までを4勝1敗1分。さらに欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ、敵地でのパリ・サンジェルマン(フランス)戦に0ー3の屈辱的な敗戦を喫したことが引き金となり、首脳陣はアンチェロッティ体制に終止符を打った。そこで声がかかったのは、2013年に監督業を引退したハインケス監督。復帰初戦のフライブルク戦で5ー0の大勝を飾り、その後チームを立て直した同監督は、見事バイエルンを前人未到のリーグ6連覇に導いている。

【1位:史上初の3冠】

ユップ・ハインケス監督に率いられた2012/13シーズンのバイエルンは、3シーズンぶりにドルトムントからマイスターシャーレ(優勝皿)を奪還しただけでなく、史上初のドイツ勢同士によるCL決勝も2ー1で制し、12年ぶりに欧州最高峰の舞台で頂点に輝いた。さらにその1週間後、シュトゥットガルトとのドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)ファイナルも勝利し、ドイツのクラブとしては初となる3冠を達成している。