Summary

  • バイエルン指揮官、インターナショナルウィークを利用して帰省
  • 練習はコーチのヘアマンが指揮

バイエルン・ミュンヘンは3月20日、ユップ・ハインケス監督がメンヘングラートバッハ郊外の自宅に一時帰省していることを発表した。

同クラブによると、数日間にわたる今回の帰郷はシーズン終盤に向けて心身をリフレッシュすることが目的。現在はインターナショナルウィークのためバイエルンに残っている選手も少なく、同日の練習はハインケス監督の右腕であるペーター・ヘアマンが指揮を執ったという。

バイエルンは第27節が終了し勝ち点66の首位。2位シャルケとは17ポイント差をつけており、次節にリーグ6連覇を達成する可能性もある。