Summary

  • ドイツ代表のノイアーが練習試合で実戦復帰
  • U-20ドイツ代表戦で30分間プレー
  • W杯出場に向けて着々と調整が進む

ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)が、合宿先の南チロルで行われたUー20ドイツ代表との練習試合で実戦復帰を果たした。ノイアーは昨年9月のマインツ戦で負傷離脱して以来、長く実戦から遠ざかっていたが、5月28日に前後半30分ずつで行われた練習試合に出場。マークアンドレ・テアシュテーゲンと30分交代でゴールを守った。

ドイツ代表のヨアヒム・レーフ監督は前日のインタビューで、「ノイアーがロシアに行くとすれば、その時は彼が正GKだ。完璧な状態でロシアに行くか、行かないかの二択。ベンチに座っているだけのキャプテンとしてロシアに行くことはない」と語っていた。

今週はドイツ代表にとってロシア・ワールドカップ前の重要な1週間になる。30日にUー20ドイツ代表と2度目の練習試合を行った後、6月2日にはオーストリア代表と親善試合を実施。その2日後の4日にはW杯の最終登録メンバーが発表される。