Summary

  • バイエルンのGKノイアーが133日ぶりのカムバック
  • 引退したラームの後を継いで今季からキャプテンを務める
  • チーム状態について言及「まだ100%ではない」

左足の骨折で昨季終盤から戦列を離れていたバイエルン・ミュンヘンのGKマヌエル・ノイアーが、8月26日のブンデスリーガ第2節で133日ぶりの戦列復帰を果たした。チームは2ー0の完封勝利を収めて開幕2連勝。今季からキャプテンを務める守護神が自身とチーム状態について語った。

――長期の離脱を強いられましたが、再びピッチに立った気分はどうですか?

ノイアー 言うまでもなくうれしいよ。あれだけ長い離脱からようやくピッチに戻って、チームの力になることができたんだからね。(開幕節の)レーバークーゼン戦と比べて特に守備が良くなってきた。あの試合は6ー3ぐらいのスコアになってもおかしくなかったけど、今日はブレーメンにほぼチャンスを与えなかった。これは守備陣のおかげだよ。よりコンパクトな陣形を保てるようになった。

――足の状態はもう100%ですか?

ノイアー 今日は試合中にそれほど動くことがなかった。ゴールキックが2本あったけど、そこは全く問題なかったよ。4カ月も戦列を離れていたんだから、今は実戦を積むのが一番だ。通常であれば、プレシーズン中にやるべき準備ができていないからね。様々なシチュエーションに対応するという意味でも、やはり試合をこなしていくのがベストだ。かかる負荷も全く別物だから。

© gettyimages

――ドイツ代表で実戦経験を積むこともできたはずですが、今回は招集外となりました。

ノイアー 招集外は僕が決めたことじゃない。もちろん、ヨアヒム・レーフ監督とは電話で話したが、最終的に試合に出られるかどうかを決めるのは僕ではなく監督なんだ。まあ、実戦の機会があればコンディションも上がるはずだから、僕は出たかったけどね。

――クラブで2週間じっくり練習に取り組めるのは、今後の過密日程を考えればプラスなのでは?

ノイアー (多くの選手が代表に招集されて)恐らく選手は5、6人しか残っていないはずだし、そのうちの3人はGKだからクラブでの練習については何とも言えない。とにかく自分のルーティンメニューをこなしながらコンディションを上げていくつもりだよ。

――あなたはできるだけ試合に出たいタイプですよね。レーフ監督からはどんな説明があったのですか?

ノイアー 監督はリスクを冒したくないと言っていた。4カ月も離脱していたから、もう少し様子を見てみようということだった。これは(ドイツ代表GKコーチの)アンドレアス・ケプケも含めて話し合った結果だ。僕はその判断を理解しているし、妥当だとも思っている。来夏のワールドカップを考えれば、コーチングスタッフがリスクを避けたいのは当然だからね。

© imago / Lackovic

――ブレーメン戦ではトーマス・ミュラーが先発から外れました。調子が上がっていただけに驚いたのでは?

ノイアー ここ最近はすごくいいプレーをしていたし、途中から出場する時でもチームに活気とテンポを与えてくれていた。ウチの戦力は素晴らしく、実力ある選手がそろっている。誰が試合に出るかを決めるのは監督だ。ただ、この先もミュラーは先発で出ることになると思っている。

――ここまでの2試合をどう見ていますか? バイエルンはすでに100%の状態にありますか?

ノイアー 現時点で100%のチームなんてないし、それは無理だと思う。ウチに関して言えば目指しているところにはまだ届いていないよ。でも、各チームの状態や力を見極めるのは、やはり10試合くらい戦ってみてからでないと。その段階になれば大抵のものは見えてくるはずさ。