ハットトリックを決めたボルシアMGのプレア - © © gettyimages / Hardt/Bongarts
ハットトリックを決めたボルシアMGのプレア - © © gettyimages / Hardt/Bongarts
ブンデスリーガ

ブレーメンがボルシアMGに完敗し、苦い3連敗を喫する

ブンデスリーガ第11節2日目が11月10日に行われ、大迫勇也が所属するブレーメンは本拠地でボルシアMGと対戦し、1ー3で敗北した。大迫はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。 ブレーメン 1ー3 ボルシアMG

試合開始から39分、ブレーメンのディフェンダー2人をかわしたボルシアMGのプレアがこぼれ球を押し込んで先制点を決め、ブレーメンの1点ビハインドのまま前半を終了した。後半に入り48分、再びプレアが追加点を決め、そのわずか5分後にプレアがハットトリックを達成する。59分にようやくシャヒンが1点を返すが、追いつくことはできなかった。

ブレーメンは今季初の3連敗で順位を7位に落とし、完勝したボルシアMGは首位ドルトムントを追う2位に浮上した。

- © gettyimages / Hardt/Bongarts