Summary

・ブンデスリーガ第22節レーバークーゼン対マインツ

・2ー0勝利のマインツは敵地で連敗を6でストップ

・先制弾を決めたDFベルの試合後インタビュー

2月25日、ブンデスリーガ第22節が開催され、武藤嘉紀が所属するマインツは敵地でレーバークーゼンと対戦し、2ー0で勝利した。マインツはこれによりアウェー戦の連敗を6でストップし、勝ち点を28に伸ばしている。この試合後、同クラブの守備の要シュテファン・ベルが、当サイト独語版とのインタビューに応じてくれた。

――マインツのスポーツディレクター、ルーベン・シュレーダー氏は、守備をうまく統率しただけでなく得点まで決めてくれたあなたのことを、とても褒めていました。

ベル 私も満足しています。我々は、ロスタイムも含めた94分間、集中を切らさず、本当に力強い戦いができましたからね。特に前半、レーバークーゼンがプレッシャーをかけてきた時間帯を、うまく持ちこたえられたのは大きかったです。その後も、彼らに決定機は作らせませんでした。攻撃に定評のあるレーバークーゼンを0点に抑えたことは、来週のウォルフスブルク戦に向けても、大きな自信となったのではないでしょうか。

――マインツはいつも、残留争いに巻き込まれそうになると実力を発揮します。

ベル ここ2~3年は確かにそうでしたね。下位との差が縮まると、集中力が増し、高いパフォーマンスを見せ、大事なゲームで勝利を得てきました。アウェーでのレーバークーゼン戦も、最近は良い結果が続いていますね。昨季は0ー1で負けてしまいましたが、その前は0ー0の引き分け、さらにその前は1ー0で勝っています。レーバークーゼンは、我々にとってやりやすい相手だと思います。

© imago / mika

――ご自身でゴールも決めましたが、それについてはいかがですか?

ベル パーフェクトなボールでした。私もちょうど良いタイミングで走り込むことができましたし、フリーでヘディングできましたからね。

――アウェー戦で連敗が続いていましたが、ようやく白星を得ることができました。

ベル アウェー戦後に良い気分に浸ることが、ようやくできましたね。しかし、さきほども言いましたが、この勝利を来週につなげることが最も重要です。「2試合に1回だけ調子が良い」というのでは駄目ですから。

――先々週のアウクスブルク戦では勝利、先週のブレーメン戦では敗れました。やはり毎試合同じパフォーマンスを出すというのは、それだけ難しいことなのでしょうか?

ベル チーム内でもお互いに話し合いをしました。ピッチの上の何人かは、いつもの力を出していませんでしたからね。しかし、「マインツは毎試合90分間、100%の力を出し切らなければいけない」ということを思い出させるために、時々このような機会があるのも悪くはないのかもしれません。

© imago

――さて、今度の月曜は「薔薇の月曜日(カーニバル期間中の仮装パレードを行う日)」です。チームで何かイベントは行うのでしょうか?

ベル もう1回話し合いをしますが、希望する選手らはパレードの車に乗る予定です。私自身は参加を希望しています。そして火曜日からはまた来週の試合に向けて通常のトレーニングが始まります。

――ウォルフスブルクには、この冬に移籍してしまった元マインツのユヌス・マリがいます。

ベル 彼との再会を楽しみにしていますよ。今季のウォルフスブルクはなかなかうまくいっていませんし、冬には補強も行いました。今はまだあまり良い結果が出ていませんが、それらをあまり考えず、彼らとの勝ち点差を広げることだけを見据えていかなければなりません。