今季、次々と記録を更新しているバイエルンのレバンドフスキ。インタビュー後編ではCLの展望から食生活にまで話が及んだ - © © imago
今季、次々と記録を更新しているバイエルンのレバンドフスキ。インタビュー後編ではCLの展望から食生活にまで話が及んだ - © © imago
ブンデスリーガ

レバンドフスキ「甘いものが大敵だった」、インタビュー(後編)

9分間で5得点、そしてブンデスリーガ通算100ゴールーーバイエルン・ミュンヘンのエースFWロベルト・レバンドフスキは今季さまざまな数字を達成し、その能力がワールドクラスであることを改めて周囲に知らしめている。そんな中、当サイト独語版はこの27歳のポーランド代表FWのインタビューに成功。後編では、欧州チャンピオンズリーグ(CL)の展望やグアルディオラ監督との関係性、食生活について話を聞いた。(インタビュー前編へ

——現在の好調を考えると、多くの人がバイエルンをCLの優勝候補に挙げています。

レバンドフスキ 昨シーズンの欧州の強豪チームとの戦いも、決して悪くはありませんでした。しかし、(準決勝で)敗退してしまった。チームは多くの負傷選手を抱えていましたし、自分はマスクを装着してのプレーで、簡単ではありませんでした。

——今シーズンのバイエルンは、昨シーズンよりも強いでしょうか?

レバンドフスキ そうだと思います。おそらく、よりバランスが取れているのでしょう。それに、最後まで集中することの必要性を分かっています。

- © gettyimages / Alex Grimm

「いったい君に何が起きたの?」

- © gettyimages / Hassenstein

CLアーセナル戦、「勝ち点3を狙う」