ドルトムントのトゥヘル監督にとって、2014年6月15日まで5年間監督を務めたマインツでの対戦は特別なものだった - © © imago / Huebner
ドルトムントのトゥヘル監督にとって、2014年6月15日まで5年間監督を務めたマインツでの対戦は特別なものだった - © © imago / Huebner
ブンデスリーガ

トーマス・トゥヘル、古巣マインツでの勝利

10月16日に行われたブンデスリーガ第9節で、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は古巣マインツと対戦し勝利を収めた。集中して試合に臨んだドルトムントは、ここ最近の不調を払拭できたようだ。

ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督にとって、この対戦はとにかく普通ではない対戦だったようだ。2014年6月15日まで5年間監督を務めていたマインツを相手に2ー0で勝利し、「とにかく普段とは違っておかしな感じがしていた」と心の内を明かしている。さらに、「スタジアムに向かうバスの中がもう違う感じだった。地下駐車場には行ったことがなかったし、ピッチの右側のサイドにも行ったことがなかった。すべてが鏡に映った世界の様で、おかしな感じがした」としている。

- © imago / MIS

「たくさんの人が再会を喜んでくれた」

- © imago / MIS

安定したプレーを見せたドルトムント