ゴールランキング首位を走るレバンドフスキが当サイト独語版とのインタビューに応じている - © gettyimages / Alex Grimm
ゴールランキング首位を走るレバンドフスキが当サイト独語版とのインタビューに応じている - © gettyimages / Alex Grimm
ブンデスリーガ

レバンドフスキ「地に足をつけて」、インタビュー(前編)

9分間で5得点、そしてブンデスリーガ通算100ゴールーーバイエルンのエースFWロベルト・レバンドフスキは今季さまざまな数字を達成し、その能力がワールドクラスであることを改めて周囲に知らしめている。そんな中、当サイト独語版はこの27歳のポーランド代表FWとのインタビューに成功。今回はその前編を紹介する。

ーーこんにちはレバンドフスキさん。いや、それとも“スーパーマン”もしくは“ターミネーター”とあなたのことを呼んだほうがいいでしょうか?

レバンドフスキ 誰がそんな風に私を呼んでいるんですか?(笑)

ーーあなたが多くのゴールを決めた後、いくつかのポーランドの新聞がそう呼んでいましたよ。個人的にはどう思っていますか?

レバンドフスキ スポーツ選手にとって最も大事なのは、「そのようなことをしない」ということ。つまり、特別な考えを持たないんです。自分の仕事をしっかりと行うためには、地に足をつけていなければなりません。

- © gettyimages / Alexander Hassenstein

「自分の歩みだけに集中」

- © gettyimages / Simon Hoffman

「ブンデスリーガは挑戦の場」