ボアテング(写真)は「デア・クラシカー」という大舞台で初の1試合2アシストを記録した - © imago
ボアテング(写真)は「デア・クラシカー」という大舞台で初の1試合2アシストを記録した - © imago
ブンデスリーガ

寡黙な司令官ジェローム・ボアテング

“皇帝”と重なる姿

熱い闘志、激しいボディーコンタクト、度々受ける警告や退場処分ーーバイエルン・ミュンヘン、そしてドイツ代表の最終ラインを司るジェローム・ボアテングのイメージといえばそんなところだろうか。

10月4日、香川真司の所属するドルトムント対バイエルンの「デア・クラシカー」がミュンヘンの地で開催された。両クラブのプライドをかけた一戦というだけでなく、今シーズンの優勝争いを占う首位対2位の頂上決戦だっただけに、試合への注目はいやが上にも集まったが、そんな大舞台でボアテングは自身のキャリア初となる1試合2アシストをマークしたのだった。

しかし、同選手は「レビー(ロベルト・レバンドフスキ)へのロングパスがうまくいって良かった。2回も成功するなんてうれしいよ」と、あくまで冷静にコメント。ピッチ外の同選手は、派手さを好まない物静かな青年として知られている。

ショートパスと同じように、ロングキックの練習も普段から入念に行っているというボアテング。その絶妙なパスから得点を決めたレバンドフスキとトーマス・ミュラーはそれぞれ「卓越している」(レバンドフスキ)、「あれこそが彼のクオリティーだ。彼はCBであのようなビルドアップができる。他とは比較できないよ」(ミュラー)と、賛辞を惜しまなかった。特にミュラーは、バイエルンの名誉会長を務め、現役時代に“リベロ”という地位を確立したフランツ・ベッケンバウアー氏になぞらい、ボアテングに“カイザー(皇帝)”とあだ名を付けるほど。そして、その本家“皇帝”も「この2シーズン、ボアテングは世界でもトップクラスの活躍をしている」と褒めちぎっている。