9月25日(金)から27(日)日の3日間で9試合が行われるブンデスリーガ第7節。武藤嘉紀の所属するマインツは本拠地で26日(土)、現在単独首位のバイエルン・ミュンヘンと対戦する。この試合の注目ポイントを紹介しよう。

© gettyimages / Simon Hofmann

武藤「全てをぶつけたい」

ブンデスリーガ1年目の武藤には、どのクラブとの対戦も新鮮そのものだが「世界トップのチームと戦えるのが楽しみで、ブンデスリーガに挑戦しようという気持ちになった」と話していただけに、このバイエルン戦は特別な経験となるだろう。前節レーバークーゼンの直後には早々に頭を切り替え「次はバイエルン。今の自分がどれだけ通用するか、全てをぶつけたい」と意気込んだ。 武藤のスタッツへ

© imago

圧巻、レバンドフスキ

ブンデスリーガでは、何が起こるのか全く予想ができない状態だ。バイエルンのロベルト・レバンドフスキは前節ウォルフスブルク戦で世界中を仰天させた。後半開始から登場し、リーグ史上最速4分間でハットトリックを達成すると、続けて歴史上最速の9分間で5得点をマークしたのだ。そのレバンドフスキは、過去5回のマインツとの対戦で7得点をあげている。
歴史的記録のインフォグラフィックへ

開幕7連勝なるか

バイエルンが勝利すれば、開幕7連勝でブンデスリーガ記録に並ぶ。過去に4度達成されているこの記録、前回は2012/2013シーズンに3冠 (ブンデスリーガ、ドイツサッカー連盟カップ、欧州チャピオンズリーグ)を達成したバイエルンによるものだった。

過去の対戦成績

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

マインツはこれまでのバイエルン戦、18試合で3勝を収めているが、この3回はいずれもトーマス・トゥヘル(現ドルトムント)監督の下だった。前回マインツが勝利したのは2011年11月27日にさかのぼる。本拠地で3-2と勝利した。

マインツは中2日

バイエルンが中3日でマインツへ乗り込むのに対し、マインツは中2日で準備を進めなければならない。第6節レーバークーゼン戦で惜敗した翌日には秋空の下、ボールを使ったトレーニングを行っている。