ブンデスリーガ

目標は「マインツのエース」 武藤嘉紀の独占インタビュー

マインツのエースと言われるような活躍がしたい」。第2節メンヘングラートバッハ戦でブンデスリーガに初先発し、チームの勝利に貢献した武藤嘉紀は、明確な目標を口にした。試合終盤に2度の決定機を外した悔しさは残っていたに違いないが、その一方で得点に限りなく近づけたことに対して手応えを感じているようでもあった。その翌週、メンヘングラートバッハ戦でつかんだ手応えは確信に変わる。ホームで行われたハノーファー戦で武藤は2ゴールを奪い、自らがブンデスリーガでも通用する選手であることを結果で示したのだ。ブンデスリーガ公式サイトでは、この第3節を前にインタビューを行っていた。話題は海外ならではのハプニングやフランクフルトに所属する長谷部から受けたアドバイスなど、多岐に及んだ。

ーードイツに来て約2カ月が経過しました。振り返ってみていかがですか?

武藤 最初は馴染むのに時間がかかるかなと思ってたんですけど、チームメートであったり、マインツの方々が本当に親切なので、すんなりチームに入ることができました。それでチームメートやドイツ人の人柄がすばらしいな、ということを実感しましたね。

ーーそろそろドイツの国民性やお国柄も見えてきた頃ではないでしょうか?

武藤 ドイツ人は非常に真面目で親切という印象です。国としては、サッカーファンやサポーターの応援が熱くて、サッカーに対する関心が他国よりも強いのではないかな、と思います。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

武藤 やっぱり岡崎選手がこれだけ結果を残して、マインツの中心選手としてプレーしていたので、多少なりとも自分に対するプレッシャーはあります。ですが、 やっぱりその期待に応えたいですね。せっかくオファーをしていただいて、マインツに呼んでいただいたからには、プレーで貢献したいと思いますし、温かく迎えてくださったマインツのサポーターの方々に喜んでもらえるようにプレーしないといけないな、と思います。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA