ブンデスリーガ

ブンデスリーガ第3節<br> 知っておきたい10の事柄

ブンデスリーガ2015/2016シーズンの第3節が、8月28日から30日、各地で行われた。ドイツ国内では、あの日本人選手の活躍にも注目が集まった。その第3節を記録とともに振り返ってみよう。

- © gettyimages / Bongarts / Grombkowski

(1)記念試合で祝砲2発

誰一人、今のトーマスミュラーを止めることはできないだろう。バイエルンの攻撃を支えるミュラーがレーバークーゼン戦で2ゴールを挙げ、自身のブンデスリーガ出場200試合目に花を添えた。この200試合中、実に59試合でゴールを挙げているミュラー、バイエルンはミュラーが得点した試合で負けがない。恐るべき業績だ。

(2)ウジャー対ボルシアMG

ブレーメンに新加入したFWウジャーがメンヘングラートバッハ戦で、まるで相手11人に1人で立ち向かうような、活躍を見せた。1試合で8本のシュートを放ったが、これは自己最高の本数を更新しただけでなく、メンヘングラートバッハのチーム通算シュート数9本に、あと1本と迫る数だった。

(3)ヘディングの名手

- © imago / MAS

(6)武藤、アクセル全開

(8)フェー監督、信頼と喜び

フランクフルトのアルミン・フェー監督にとっては、選手時代から数えて7回目となった敵地シュツットガルトでの試合で、これが初勝利となった。新加入のオランダ人FWルーク・カスタイニョスが、フェー監督の信頼を一身に背負って2ゴールの活躍。その力をブンデスリーガに示した。

(9)ハッピーエンド

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

(10)3D香川

- © imago
- © gettyimages / Dennis Grombowski