- © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ブンデスリーガ 第2節<br>知っておきたい10の事柄

ブンデスリーガ2015/2016シーズンの第2節が8月21日から23日、各地で行われた。その第2節を記録とともに振り返ってみよう。

- © gettyimages / Lennart Preiss

(1)ドルトムント記録的好発進

- © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos

(3)ミュラーの真骨頂

バイエルンのトーマス・ミュラーが、2−1と勝利したホッフェンハイム戦で早くも今季3ゴール目をマーク。この3得点はそれぞれ、右膝、左足そして頭での得点で、ミュラーはゴール前での変幻自在ぶりを発揮している。

- © gettyimages / Hangst

(5)久々も久々の逆転勝利

ハンブルガーSVが実に21ヶ月ぶりとなる逆転勝利を収めた。シュトゥットガルト戦で1−2とリードされていたが、84分に同点に追いつくと 終了1分前、逆転に成功。2013年11月24日のハノーファー戦以来となった逆転勝利にハンブルクが沸いた。

- © imago

(6)お家芸を拝借

本拠地でウォルフスブルクと対戦したケルンは30分、FWジモン・ツォラーによる得点で先制した。ケルンがこの日最初のシュートチャンスをものにしたのだが、これは本来ウォルフスブルクのお家芸。ウォルフスブルクは昨季、実に10試合で最初のチャンスを得点に結びつけ、ブンデスリーガ記録を作っていた。

- © gettyimages / Mouhtaropoulos

(9)シュトッカーの得点モード

ブレーメンに1−1と引き分けたヘルタ。原口元気もフル出場で奮闘した。そのヘルタに先制点をもたらしたスイス代表バレンティン・シュトッカーは、ダールダイ監督の下で得点能力を開花させた。同監督が就任してからブンデスリーガ初ゴールを決め、その後約半年で4ゴールをマークしている。

- © imago / Schüler