シャルケのFWチュポモティングが、生まれ変わったシャルケについて語った - © imago / Defodi
シャルケのFWチュポモティングが、生まれ変わったシャルケについて語った - © imago / Defodi
ブンデスリーガ

シャルケ、チュポモティング<br> 「魅力的なサッカーが僕たちの目標」

内田篤人のチームメイトであるシャルケのFWマキシム・チュポモティングは、昨季チームに訪れた不調の波を象徴するような存在だった。前半戦はブンデスリーガ内でもトップクラスのゴール数を誇ったが、後半戦ではまさかのノーゴールに終わった。しかし彼は、今季開幕戦で輝きを取り戻した。3-0と快勝したブレーメン戦で1ゴールを挙げ、再び存在感を示したのだ。そのチュポモティングがブンデスリーガ公式サイト(Bundesliga.com)の単独インタビューに応え、昨季のこと、そして素晴らしいスタートを切った今季について話した。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

ーーチュポモティング選手、ついこの間までシャルケというクラブと熱狂的ファンとの間の関係が危ぶまれていました。今はまたファンたちクラブ愛が戻りつつあります。このような目まぐるしい展開に、どう対処するものなのですか?

チュポモティング サッカーという競技がこれだけ人の心を惹きつける昨今、ファンたちの感情も、その振り幅が大きくなるばかりだと思っています。昨季の僕たちを取り巻いた状況は、チームが上手くいかない時、どういう状況が起きてしまうのかを示す良い例でした。シャルケは特別な感情に支えられた、特別なクラブです。だから、周囲にはすぐに不協和音が沸き立つ。でも、長年プロ選手をしていると、それも付きものだと思うことができるし、どう対処するか、どうやって早くその状況を打開するのかが、分かるようになってくるものです。僕たちは今季、素晴らしいスタートを切り、魅力的なサッカーを見せることができている。 『魅力的なサッカー』が、僕たちの第一目標であるべきで、それでこそファンの信頼を得られるのです。

ーー不調のシーズン後、それを夏の休暇に持ち込んでしまうものですか?それともさっぱりと忘れることができるのでしょうか?

チュポモティング 迷える心につける薬はありません。苦しい時期だからこそ学ぶこともあります。でも、お話したようにプロ選手は、早く悪い状況を打開する術を知っています。僕の場合は、また良いプレーができる、良い時期がくるという確信があったので、この夏の休暇に昨季の不調を持ち込みませんでした。僕たちは、あえて過去の不振に触れない新しい監督を迎え、新しいコンセプトの下で仕事をしている。僕たちは目標を共有していて、それがとても良い影響を与えてくれます。

- © imago / Team 2