バイエルンのドグラス・コスタ(写真)は、デビュー戦で1ゴール1アシストの大活躍を見せた - © © imago
バイエルンのドグラス・コスタ(写真)は、デビュー戦で1ゴール1アシストの大活躍を見せた - © © imago
ブンデスリーガ

「素晴らしいチーム」<br> バイルンの新戦力、コスタが語る

今季、シャフタール・ドネツク(ウクライナ1部)からバイエルン・ミュンヘンに新加入したドグラス・コスタ。ブラジル代表で24歳のウイングプレイヤーは、ブンデスリーガでのデビューとなった開幕戦で、いきなり1得点1アシストの大活躍を見せ、そのスピードと高い技術でファンの心をわしづかみにした。そのコスタがインタビューに応え、ブンデスリーガでの新な挑戦について語った。

- © imago

ーーコスタ選手、ミュンヘンへやって来てから5週間が経ち、先週末にはブンデスリーガでのデビューも果たしましたが、これまでの感触についてお話しください。

ドグラス・コスタ これまで本当に良い感触を得られています。全て順調で、この移籍によって自分の夢が叶えられたような気持ちです。チームの一員であること、そして新しいチームメイトと分かり合っていく過程で、ひしひしと喜び感じています。

ーーバイエルン・ミュンヘンでの挑戦は、どのようなものですか?

コスタ ミュンヘンでは自分を追い込まなくてはいけない。沢山練習をしなくてはいけないし、チームメイトのことを、例えば彼らの走るコースや、どんなタイプの選手なのかなど、もっともっと知っていかなくてはいけない。でも、全てうまく運ぶと思います。素晴らしいチームですからね。