ブンデスリーガ第2節は8月21日〜23日に開催される。23日(日)の現地時間17時30分(日本時間24時30分)からは、武藤嘉紀が所属するマインツが敵地でメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)と対戦する。

第1節のインゴルシュタット戦では78分に途中出場し、ブンデスリーガデビューを果たした武藤だったが、チームは0-1で敗れて黒星発進となった。武藤にとって初のアウェー戦となる第2節は、ブンデスリーガの古豪で、昨季は3位に入って名門復活を遂げたボルシアMGが相手となる。

ボルシアMGは開幕節のドルトムント戦で0-4と大敗を喫した。特にこの試合で課題となったのは攻撃力で、合計シュート数はわずか5本だった。もし今節も敗戦となれば、7シーズンぶりの連敗スタートなる。

過去の対戦成績はボルシアMGの7勝5敗6分と大差はない。しかし、ここ8試合連続でマインツは未勝利(5敗3分)となっており、苦手意識を持っていることだろう。また、ボルシアMGは直近のホーム10試合で9勝していることから、敵地での苦戦が予想される。

武藤としては、レギュラーを獲得するためにも与えられたチャンスの中でしっかりと結果を出すことが肝要となる。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA