最終チェック(4):アイントラハト・フランクフルト

【現在の状況】

© imago

強化試合では勝利を重ねたが、イングランド2部のフルハムやリーズ、そしてFC東京に辛勝。初公式戦のドイツサッカー連盟杯(DFB杯)には3-0と快勝したが、こちらも相手はアマチュアチームだった。明らかな格上との試合は行っておらず、チームの問題点をきちんと洗い出せたかどうか不安が残る。

【戦術】

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

1-0よりも4-3での勝利を好むアーミン・フェー監督は、2011年から3シーズン指揮を執っていた第1期のように、ポゼッションサッカーの確立を目指している。ただし守備への素早い切り替えを徹底して行わなければ、敵のカウンターを受けることは必至。経験豊富な守備的プレーヤーの面々がどのように対応するか注目だ。

【新加入選手】

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

守護神ケビン・トラップが抜けた穴は、オーストリア人のハインツ・リンドナーと、フィンランド人ルーカス・フラデッキーが埋めることになる。中盤の底にはレーバークーゼンからシュテファン・ライナーツを獲得し、CBにもダビド・アブラハムをホッフェンハイムから補強した。FWにもトゥエンテ(オランダ)からルーク・カスタイニョスが加わっている。

【キープレイヤー:アレクサンダー・マイヤー】

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

昨シーズン19ゴールを決め、キャリア初の得点王に輝いた“サッカーの神様”は、今季もキャプテンマークを巻くことになった。しかし4月にひざを手術したため、復帰は秋頃になる模様。ピッチ内外で影響力がある同選手の不在は、チームにとって大きなマイナス要因である。