バイエルンのMFビダルが新クラブでのデビュー戦の後に心境を語った - © © imago / ActionPictures
バイエルンのMFビダルが新クラブでのデビュー戦の後に心境を語った - © © imago / ActionPictures
ブンデスリーガ

「これが僕のプレースタイル」<br>バイエルンの新戦力、MFビダル

新加入したビダルは8月1日、ウォルフスブルクで行われたスーバーカップで初めてバイルンのユニホームに袖を通した。チームは90分に追いつかれた末PK戦で敗れタイトルを逸したが、試合後インタビューに応じたビダルの言葉からは、新チームでの満足感が伝わってきた。

Q:ビダル選手、バイエルンの選手として初めての公式戦出場となりました。どんな気持ちでしたか?
ビダル:とても良い感触でしたよ。負けてしまったので結果には満足できないですが、僕にとって重要だったのは、何分間かプレーが出来たこと。これでまたひとつ、チームの輪に近づくことができたと思います。

「ブンデスリーガへ戻ることを望んでいた」

Q.ブンデスリーガが恋しかったですか?
ビダル:もちろんですよ(笑)ブンデスリーガの外で過ごした4年間は、どれも良いシーズンでしたが、ブンデスリーガへ戻りたいとは、いつも思っていました。今、こうしてその願いが叶ったことを嬉しく思っています。

Q.交代出場後、すぐにイエローカードをもらっていましたが?
ビダル:それが僕のプレースタイルです。しかもあのファウルはそれほど激しくは無かったはずですよ。

Q.試合がPK戦に入り、あなたが一番に蹴りましたが、それはこの先への意気込みのようなものだったのですか?
ビダル:いえ、いえ、違いますよ。監督が僕を1番手に指名し、僕自身も何の問題も感じなかった。絶対に決められる自信もありましたし、実際に決めることが出来ました。

- © imago / Contrast