上海を後にしたバイエルン・ミュンヘンは7月22日、中国ツアーの最終目的地となる広州へ到着した。ここでは前ブラジル代表監督のルイス・フェリペ・スコラリ氏率いる広州恒大との対戦が待っている。(キックオフ:現地時間7月23日、19時35分)

空港では大勢のファンが一行の到着を待ち受けた。すっかりお馴染みの光景だ。

© gettyimages / Hassenstein

試合前日記者会見とトレーニング

広州恒大との強化試合の前日練習に先立って、記者会見も行われた。グアルディオラ監督は「中国遠征での最後の試合だ。われわれの持っている全てを出し切りたい」と、話した後「明日は切り札となる選手の出場がある」と、サプライズも示唆した。同じく会見に臨んだマヌエル・ノイアーは「ここでもバイエルンファンの多さには、本当に驚くばかりだ。明日の試合が楽しみだよ」と、コメントした。その後、広州のスタジアムでトレーニンングが行われたが、キャプテンのフィリップ・ラーム、トーマス・ミュラー、ティアゴ、そしてメディ・ベナティアはホテルに残り体力の回復に努めた。